FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M様浴室リフォーム 6 完成!

完成した『檜の香る』M様浴室です!!
518

夜はこんな感じです。
夜完成。
気持ちが落ち着きそうですね。

この檜のふたをしてお湯をはります。
完成。

蓋を外すと・・・
檜の香りがフワ~ッと浴室いっぱいに香り幸せな気分になります。
浴槽
M様コダワリの「27年使用している浴槽」も良いですね、ステップがすごく良いんです。入りやすいし半身浴も出来ます、手すりも良い位置についています。
写真に写っている水栓金具と洗い場のシャワー水栓は金属磨きで綺麗にし、内部も清掃して再利用しています。

出入り口ドアです。
実際に水が掛かりやすい部分なのでアルミドアにして正解だったと思います。
木目調が良く馴染んでグッドです。
ドア内側


出窓枠も綺麗に納まりました。
出窓

艶消しの黒が浴室をグッと引き締めてくれます。
出窓アップ

壁、天井に貼った無垢の檜板と回り縁です。
透明の撥水塗装が施してあります。塗装した直後は塗料の臭いがキツイですが2日で消え、檜の香りが蘇ります。
完成505

取り合い部分はシッカリと防カビシールをします。こういう部分も大事です!
防カビシーリング


これは檜の腰掛です。
ホームセンターなどで同様のモノが安価で売ってはいますが、中込建設としては『檜』にこだわりたいので、ウチの“スーパー大工・倉島”が製作し感謝の気持ちを込めてM様にプレゼントいたしましました。
檜いす!!


お施主M様に入浴後に感想をお聞きしたところ。。。

「当初、ユニットバスにしようかな・・・とも思いましたが、こんなに素晴らしい出来栄えに正直驚いています、檜の香る浴室になって温泉気分です!」

「檜の香りが気持ち良過ぎてタップリ1時間以上入浴しちゃいましたよ(笑)」

「お風呂場が以前より明らかに暖かく暖かくなったのも嬉しいです。ホントリフォームして良かった!!」

とおっしゃっていただき私達も本当に嬉しいです!ありがとうございました!!


私たち中込建設の基本理念として「使えるものは使いたい」という思いがあります。

M様がおっしゃった「この浴槽、使いやすいから再利用できませんか?」という気持ち、大好きです!大賛成です!!
私たちは何でもかんでも浴室をユニット化すれば良いとは考えていません。
こういったカタチの「安価で仕上がり、満足度の高い」リフォームもありだと考えています。

そして、M様浴室のように本当の職人でなければ難しいという仕事もしていきたいのです。


                私たちは中込建設です!!



                ~環境にやさしい家づくりをめざして~

                     株式会社 中込建設
                    代表取締役 中込幹也
                    専務取締役 田中なぎさ
                       

              会社住所 甲斐市富竹新田1576-2
   
                   メールはこちらへ

                   メール nakaken@nns.ne.jp
 
                    電話  055-276-3814
                     Fax   055-276-3852









スポンサーサイト

M様浴室リフォーム 5 下地編。

今回は浴室壁の下地です。

既存の壁タイルは撤去せずに15ミリ厚の木下地をビス止めしていきます。
下地

下地終了後はこんな感じです。
下地後

次に天井にも同様の下地をします、そして天井には30ミリのパネル断熱材を入れます。
天井後

次に接着式防湿フイルムを張ります。
天井防湿ビニール

そして合いじゃくり加工した檜板を貼っていきます。
天井には窓側に向かって緩やかな勾配つけてあります。
檜板貼り

次に壁に15ミリの断熱材を入れます。
壁断熱貼り

天井同様接着式防湿フイルムを貼ります。
湿気止め

そして加工した檜板を貼ります。
壁檜板貼り

断熱施工中の写真です。これは窓上。
断熱貼り施工

出窓も断熱施工をします。この部分からの冷気の進入が大きいので大事な部分です。
出窓断熱施工

そしてユニットバス用の樹脂枠で既存出窓を覆います、枠回りもちろんしっかり防水します。
この樹脂枠で覆うことによって一層断熱効果が上がります。
出窓樹脂枠取付

今回配管も取り替えたので、ついでに給湯器も交換しました。
このTOTO製の貯湯式ボイラー何と20年使用しました!
施主のM様は「本当は換えたくなかったんだけど、20年間頑張ってくたんでこの際だから・・・」ということで交換に踏み切りました。
20年もったTOTO給湯器
20年間お疲れ様。

当社では廃棄物の分別を徹底しています、この給湯器も鉄、銅、真鍮、グラスウールというようにキッチリ分別し出来るだけ再資源化できるように分けました。

こちらは新しく取り付けたコロナ製の直圧式石油給湯器、コンパクトです、体積で比べたら交換前の1/3位です。
コロナ石油給湯器

              
                いよいよ次回は完成になります。



                ~環境にやさしい家づくりをめざして~

                     株式会社 中込建設
                    代表取締役 中込幹也
                    専務取締役 田中なぎさ
                       

              会社住所 甲斐市富竹新田1576-2
  
                   メール nakaken@nns.ne.jp
 
                    電話  055-276-3814
                     Fax   055-276-3852









M様浴室リフォーム 4 檜板加工編。

これは甲斐市の近藤製材所から購入した檜板です。
檜材料

乾燥してあるものを注文したのですが、風通しの良い日陰に干しさらに乾燥させます。
乾燥中

作業場で機械に通し厚みをそろえます。
加工中

合いじゃくり加工をします。
加工中

加工後の写真です。
合いじゃくり

                    下地編につづきます。
 

                ~環境にやさしい家づくりをめざして~

                     株式会社 中込建設
                    代表取締役 中込幹也
                    専務取締役 田中なぎさ
                       

              会社住所 甲斐市富竹新田1576-2
  
                   メール nakaken@nns.ne.jp
 
                    電話  055-276-3814
                     Fax   055-276-3852







M様浴室リフォーム3 ドア取付及びタイル工事編。

撤去工事後にまず入口のドア枠を取り付けします。
当初「木製のドアを」という案も出ましたが、お手入れがしやすく腐食の心配が少ないアルミ木目調のドアを取り付けることをお奨めしました。
ドア枠をアンカーで固定後、回りに防水モルタルを詰めます。
ドア枠取付後。


続いてタイル下地をします。

水のかかりやすい水栓回り及び窓下、洗い場、浴槽回りにタイルを貼るので接着剤をこて塗りします。
窓下

床下地ボンド

ドア横

接着剤が乾いた翌日にタイルを貼ります。
タイルは10種類ほどサンプルを取寄せ、30cm角の滑りにくい材質で檜の板と合うものを選びました。
タイル2
浴槽回りはこんな感じです。
タイル
タイル工事はこれで終了です。
暗すぎず、明るすぎずでいい感じに貼りあがりました。
タイル3

                       つづきます



                 ~環境にやさしい家づくりをめざして~

                     株式会社 中込建設
                    代表取締役 中込幹也
                    専務取締役 田中なぎさ
                       

              会社住所 山梨県 甲斐市富竹新田1576-2
  
                   メール nakaken@nns.ne.jp
 
                    電話  055-276-3814
                     Fax   055-276-3852





M様浴室リフォーム 2 撤去編。

着工したM様邸浴室。

まずは撤去工事です。

M様邸は浴室周りが鉄筋コンクリート構造ということもあり、30年近く立った今でも何ともありません、もちろんシロアリの被害もありません。

ということもあって撤去範囲はごく少くなくて済みました。

まずは入口の折り戸の撤去。
ドア撤去後

続いて浴槽廻りタイルの撤去。
浴槽廻りタイル撤去中!


撤去工事はこれで終了です。
浴室撤去工事後。

                      つづきます



                 ~環境にやさしい家づくりをめざして~

                     株式会社 中込建設
                    代表取締役 中込幹也
                    専務取締役 田中なぎさ
                       

              会社住所 山梨県 甲斐市富竹新田1576-2
  
                   メール nakaken@nns.ne.jp
 
                    電話  055-276-3814
                     Fax   055-276-3852

プロフィール

株式会社 中込建設

Author:株式会社 中込建設
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ご閲覧ありがとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。