FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

檜デッキ 製作記 1 着工。

今回から、過去に自宅の庭に製作した檜のデッキ製作記をご紹介します。

これは着工前の写真です。もう少しキチンとした写真を撮っておくべきでした。。。
着工前。

デッキと言っても、飽きのこない本格的なものを作りたかったので、木造のいわゆる「在来工法」で作りました。

これは基礎が出来上がった後の写真です。
ベタ基礎を打設した後、土台をしっかり取り付けるための布基礎を立ち上げます。
基礎後。

今回の使用材木です。
水がかかる恐れのある土台、柱、根太、大引き、束、床材、垂木、天井板、破風及び鼻隠しは「腐りや虫に強い檜」を使用。
それ以外の梁と母屋、火打ちは米松を使用しました。
木材。

打ち合わせを重ね、慎重に寸法取りをして、作業場で墨付け、加工をします。
構造材加工。

土台を敷き、根太を入れ込んだ後の写真です。
縁の下の庭いじりの道具を収納しやすいように土台を高くしました。
この考え方で行くと加工の手間は若干掛かりますが、基礎を高くすることで耐久性があがります。
根太敷き。

さてさて、どんな風に仕上がっていくのでしょうか。

                 
                  建て方編につづきます。


                ~環境にやさしい家づくりをめざして~

                     株式会社 中込建設
                    代表取締役 中込幹也
                    専務取締役 田中なぎさ
                       

              会社住所 甲斐市富竹新田1576-2
   
                   お問い合わせのメールはこちらへ

                   メール nakaken@nns.ne.jp
 
                    電話  055-276-3814
                     Fax   055-276-3852


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

株式会社 中込建設

Author:株式会社 中込建設
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ご閲覧ありがとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。