FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

檜デッキ製作記 4 床工事編。

今回は床工事編です。

これが今回使用する檜の床材です。
床材。

厚みが9分(27ミリ)もあるシッカリした板です。
幅は5寸(150ミリ)。
長さは16尺以上(5m)もあります。
なぜ16尺もの長さの材料を使用したのかというと途中でつなぎたくなかったからです(荷物置き場は別にして)。
長さにこだわったため、注文してから入荷するまで半年近く掛かりました。
床材2

手押し作業もこれだけ長いと結構大変です。
デッキ手押し。

自動に通し厚みを揃えます。
自動

その後「超仕上げ機」に通したあと貼り始めます。

床は基本的に裏側からビス止めします。
床貼り始め。

面取り作業をしながら貼っていきます。
面取り作業。

2。
板の厚みが見ていて気持ちいいですね~。

やはり長尺板にして正解です、やっぱり継ぎ目がないってキモチ良いです。
貼り作業中1。

貼り上がりました。
床貼り作業後。

次の作業に移ります。

この木は庭に植わっているヒバです。
庭の植木

枝を拝借し
枝を拝借。

削りだします。
削り作業中。

床にある抜けた節に削った枝を埋めています。

まずは節穴にボンドを注入します。
ボンド注入。

続いて削った枝を打ち込みます。
埋め込み。

長い部分をノコギリで落とします。
切り。

枝を切るとこの通りです!
埋め作業後。

続いて、癖がある部分を直します。
節直し1

地道な作業をします。
2

続いて仕上げのサンダー掛けをします。
床仕上げサンダー掛け。

前面に入念に掛けます。
仕上げサンダー掛け2

サンダー掛け終了後はこんな感じになりました。
サンダー掛けを終了後。


次回はその他の工事につづきます。



                ~環境にやさしい家づくりをめざして~

                     株式会社 中込建設
                    代表取締役 中込幹也
                    専務取締役 田中なぎさ
                       

              会社住所 甲斐市富竹新田1576-2
   
                   お問い合わせのメールはこちらへ

                   メール nakaken@nns.ne.jp
 
                    電話  055-276-3814
                     Fax   055-276-3852





















スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

株式会社 中込建設

Author:株式会社 中込建設
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ご閲覧ありがとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。